「生きる理由」 それは愛…。主に'70~'80年代のポップスから選りすぐった愛の歌をオレ流に和訳。


リンクはフリーですが、転載はご遠慮ください 

ブログの全収録記事は画面左 「全タイトルを表示」 でご覧いただけます
サイト上部のブログ内検索バーでアーティスト名、曲名での検索が可能です



「シャドー・ダンシング 〜Shadow Dancing」 by アンディ・ギブ
2016-09-30 Fri 21:50



君の瞳の中に天国が見える
いつも君の動きを追っていたよ
嘘なんかついてない
ずっと君のことが好きだったから
こんなこと言うなんて
僕は頭がおかしくなってるのかな

この世界にいるのは僕と君、二人だけ
誰も僕たちを邪魔することはできない
君はまだ僕の彼女じゃないのに
抱きしめてもいいかい?
君だけが僕をわかってくれる
君次第なんだ

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない

君の腕の中にほんの一瞬だけでも
それが僕の求めるすべて
君の愛情を追い求めていたんだ
傷つけたりなんてしない
ずっと君のことが好きだったんだ
光よ輝け、雨よ降れ
ベイビー、どうすればいいか
僕はわかってる

君の甘い愛に包まれて生きていきたいんだ
君がいなくなったら呼吸すらできない
困ってしまうんだ
君は謎だよ
そして僕が求める真実
君だけが僕をわかってくれる
君次第なんだ

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない

この世界にいるのは僕と君、二人だけ
誰も僕たちを邪魔することはできない
君はまだ僕の彼女じゃないのに
抱きしめてもいいかい?
君だけが僕をわかってくれる
君次第なんだ

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない

光を照らし
僕を夜の中に連れていって
影が踊っている
ベイビー、君も踊るんだ
もっと強く引っ張って
フロアの向こうに
影が踊っている
それだけ
それ以上何もいらない…


訳詩:ださいおさむ




続きを読む

テーマ:ビージーズ - ジャンル:音楽

別窓 | 訳詩 | コメント:0 | トラックバック:0
「リーリン・イン・ジ・イヤーズ 〜Reelin' In The Years」 by スティーリー・ダン
2016-09-27 Tue 21:46



君は永遠に続くはずの夏が
急激に色褪せていくのを感じている
だから何かの欠片にしがみつき
夏を終わらせまいと足掻いている
君はダイヤモンドを知らないだろう
たとえ今君の手の中にあったとしても
君の考えはご立派なものだよ
僕には理解できないけどね

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか!

「私は天才なの」
17歳の頃から君はそう言っている
僕はずっと君を知ってるけど
いまだにどういう意味なのかわからない
週末の大学は
君の立てたプラン通りにはならなかった
そりゃあ知識を超える物事もあるさ
僕には理解できないけどね

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか!


たくさんお金を使って
たくさんの時間を過ごした
一緒に行ったハリウッド旅行は
今でも僕の心に焼き付いている
僕たちはいろんな物を見て
いろんな事をした
それなのに君は別の男に乗り換えた
君の考えることはすべて馬鹿げてる
僕には理解できないね

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか

君は年月を手繰り寄せ
時間を貯め込むつもりかい?
君は涙を集めるつもりかい?
僕の涙だけで充分じゃないか!


訳詩:ださいおさむ




続きを読む

テーマ:70年代洋楽 - ジャンル:音楽

別窓 | 訳詩 | コメント:0 | トラックバック:0
「ドリーミン 〜Dreamin'」 by クリフ・リチャード
2016-09-23 Fri 00:10



午前4時
僕は一晩中歩いていた
ずっと君のことを想いながら
僕の眼を見れば君にもわかるさ
僕が何をしたいと思っているか

僕はここにいて、チャンスを待っている
瞳の中に星が輝き回るのを
僕はここにいて、君を捜している
不思議だな
どうしてこんなに憂鬱なんだろう

夢を見ている
僕と君の君の夢を
夢を見ている
夢見ていればきっと叶う
このチャンスを決して逃さない
僕は夢見ているんだ
君が僕の人生をステキなものにしてくれると
そうさ、夢見てる
君は僕の人生をステキなものにしてくれる
(夢、夢見ていればきっと叶う)
ねぇ、君も僕を信じてくれないかな
(君が僕の人生をステキなものにしてくれると夢見てる)

午前5時
僕はまだぶらぶら歩き回ってる
君に電話をかけても
僕は落ち込むだけだろう
君はきっとこう言う
「私はどこにも出かけてないわよ」
だけど君はいつも僕の夢の中に現れるんだ

僕はここにいて、チャンスを待っている
僕は天にも昇る心地でハイになってる
僕はここにいて、真実に立ち向かっている
他に方法なんてない
君をずっと僕のものにしたいんだ

夢を見ている
僕と君の君の夢を
夢を見ている
夢見ていればきっと叶う
このチャンスを決して逃さない
僕は夢見ているんだ
君が僕の人生をステキなものにしてくれると
そうさ、夢見てる
君は僕の人生をステキなものにしてくれる
(夢、夢見ていればきっと叶う)
ねぇ、君も僕を信じてくれないかな
(君が僕の人生をステキなものにしてくれると夢見てる)

ねぇ、君も僕を信じてくれよ
あぁ、お願いだから僕を信じて
僕を
(君が僕の人生をステキなものにしてくれると夢見てる)
ねぇ、君も僕を信じてくれよ
あぁ、お願いだから僕を信じて
僕は永遠に君を愛するよ
(君が僕の人生をステキなものにしてくれると夢見てる)
ねぇ、君も僕を信じてくれよ…


訳詩:ださいおさむ




続きを読む

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

別窓 | 訳詩 | コメント:0 | トラックバック:0
「デザート・ムーン 〜Desert Moon」 by デニス・デ・ヤング
2016-09-16 Fri 21:18



「この列車は月の砂漠に行く?」
彼女が言ったのはそれだけ
僕は知らない人の声に聞き覚えがある気がして
振り返って彼女をよく見ようとしたけれど
彼女はすでにそこにいなかった
彼女は雨の中に立ち
懸命に僕の名前を呼ぼうとしていた
初恋は忘れられないものだと人は言う

ウェイターは僕たちの思い出を小さなカップに注ぐ
胸につかえていた
ずっと聞きたかった言葉
失った夢、それとも諦めた夢について
僕たちは話した
警笛が夜を裂き
僕たちの人生の沈黙を揺さぶる
砂丘に向かう最終列車の出発だ

あの夏の夜
僕たちは若かった
自慢気に話していた夢は
何ひとつ叶わなかった
僕たちは夢を見ていただけ
ただの夢想家だった

早く大人になりたくて
純真さを月の砂漠の上に置いてきてしまった
僕たちは夢を見ていただけ
ただの夢想家だった
月の砂漠の上に
月の砂漠の上に
月の砂漠の上に
月の砂漠…

僕にはまだあの夏の夜のささやきが聞こえる
心の中で響いているんだ
砂漠へ向かう列車を待っていたあの夜
言いたかったすべての言葉は
流されてしまったすべての機会は
今でも砂丘へ向かう道の上に残されている

あの夏の夜
僕たちは若かった
自慢気に話していた夢は
何ひとつ叶わなかった
僕たちは夢を見ていただけ
ただの夢想家だった

瞬間は過ぎ、時は流れても
夢は残っている
夢見る人の数と同じだけ
すべての夢は、月の砂漠の上に
月の砂漠の上に
月の砂漠の上に
月の砂漠…


訳詩:ださいおさむ




続きを読む

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

別窓 | 訳詩 | コメント:1 | トラックバック:0
「ミスター・ムーンライト 〜Mr. Moonlight」 by ザ・ビートルズ
2016-09-14 Wed 20:08



ミスター・ムーンライト!

ある夏の夜、君はやって来た
君が照らす光が僕の夢を叶えてくれた
この世界に、僕のあの娘を送って
愛の光を降り注いでくれたね
そして今、彼女は僕のもの
君は元気でいるよね
だって僕たちは君を愛してるから
ミスター・ムーンライト

ミスター・ムーンライト
もう一度君に会いたいんだ
僕は跪いて願ってる
君がいなくなった夜から
僕は毎日祈って、祈っているんだ
だって僕たちは君を愛してるから
ミスター・ムーンライト


君がいなくなった夜から
僕は毎日祈って、祈っているんだ
だって僕たちは君を愛してるから
ミスター・ムーンライト

ミスター・ムーンライト
もう一度君に会いたいんだ
僕は跪いて願ってる
君がいなくなった夜から
僕は毎日祈って、祈っているんだ
だって僕たちは君を愛してるから
ミスター・ムーンライト

ミスター・ムーンライト
ミスター・ムーンライト
ミスター・ムーンライト…


訳詩:ださいおさむ




続きを読む

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

別窓 | 訳詩 | コメント:4 | トラックバック:0
| Reason To Live | NEXT